たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清野充典
 西洋医学を理解した東洋医学者の育成を目指し設立された世界初の鍼灸医学専門教育機関「明治鍼灸短期大学(現明治国際医療大学)」鍼灸学部を1982年(昭和57年)3月に卒業。中国に留学後、東京都調布市で1987年(昭和62年)に開業。東京都での開業は卒業生第1号。アジアや欧米で行われている鍼灸医療を各国に出向き探求しているうちに、日本で行われている鍼灸医療や中国等で行われている鍼灸医療の相違に疑問を持ち研究活動を開始。東洋思想の最高学府である「大東文化大学大学院」文学研究科博士課程前期課程中国学専攻を修了。中国哲学を背景とした中国医学が日本や世界においてどの様に発展したのかを探求している。世界に共通した鍼灸医学用語を用い、医療現場に共通する鍼灸治療体系を確立することが研究目的。鍼灸学士、中国学修士。現在、順天堂大学医学部医史学研究室に研究生として在籍。医学博士の学位論文を鋭意作成中。2013年(平成25年)4月明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授就任。

新しいブログを開設しました

2011年01月03日

あけましておめでとうございます

 東京都調布市で東洋医学を研究している清野充典と申します。

 東洋医学に基づく医療を行う国家資格である「鍼灸師」の免許を取得してから、30年目の春を迎えております。

 今から約150年程前である江戸時代末期から明治時代初期の日本医学は、アジア地域において東洋医学の研究や医療は飛び抜けて高水準にありました。

 しかし、明治政府が近代文化を強く進める方針を取ったことにより、日本の生活様式や思考回路が欧米に大きく偏りました。

 医療の面に目を向けると、西洋近代医学に基づいた医療に大きく傾倒し、鍼灸治療や漢方治療が重要視されなくなりました。

 その結果、東洋思想に基づいた東洋医学が大きく後退し、現在行われている鍼灸治療や漢方薬治療ですら、西洋思想に基づいた医学となりつつあります。

 西洋医療の特長と東洋医学の特長が融合された医療が求められていますが、東洋医学の特長が医学者間で共通認識となっていないのが現状です。

 当ブログでは、東洋医学とは何かを追求している、清野充典が研究している内容をお伝えしたいと思います。

 東洋医学を勉強している医師・歯科医師や東洋医学が専門の鍼灸師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師及び医療現場・介護現場にいる全ての人に対し、東洋医学に対する共通理念を共有するための情報サイトとなることを目指し、週に1~2度綴りたいと思います。

 医学界にいる皆様と一緒に学びを深めたいと思っております。

 次回より皆様からのご意見、ご質問をお待ちしております。

平成23年1月1日(土) 
 清野充典 拝


  • 同じカテゴリー(ごあいさつ)の記事
     東洋医学を知るための歴史 (2011-01-11 10:26)
     東洋医学とはどこの医学か (2011-01-05 18:31)

    Posted by 清野充典 at 00:04│Comments(4)ごあいさつ
    この記事へのコメント
    清野充典さま。

    西洋医学にはない東洋医学の底知れぬ力を信じています。
    専門家向けのブログのようなので難しいかもしれませんが、時々、訪問しに来ます。
    Posted by ひーままひーまま at 2011年01月03日 00:19
    コメント第1号ですね。とても嬉しいです。  いつもお気にかけていただきありがとうございます。
     自分の頭の中にある考えを整理することに活用したいと考えております。
     難しいと思った点につきましては、遠慮なくご質問いただきたいと思っております。
    Posted by 清野充典 at 2011年01月04日 11:08
    柔道整復師なりたいんです!
    いろいろ勉強中です!
    参考にさせていただきます。
    ブログ開設おめでとうございます!
    Posted by 柔道整復師なりたいんです! at 2011年05月04日 11:26
     コメントをありがとうございます。

     柔道整復師は、柔道整復術を行う国家資格です。

     柔道整復術は、日本固有の医術です。世界に誇れる医術を、是非学び、後世に伝えていただきたく存じます。

     ご健闘を祈念いたしております。
    Posted by 清野充典 at 2011年05月13日 00:55
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    新しいブログを開設しました
      コメント(4)