たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清野充典
 西洋医学を理解した東洋医学者の育成を目指し設立された世界初の鍼灸医学専門教育機関「明治鍼灸短期大学(現明治国際医療大学)」鍼灸学部を1982年(昭和57年)3月に卒業。中国に留学後、東京都調布市で1987年(昭和62年)に開業。東京都での開業は卒業生第1号。アジアや欧米で行われている鍼灸医療を各国に出向き探求しているうちに、日本で行われている鍼灸医療や中国等で行われている鍼灸医療の相違に疑問を持ち研究活動を開始。東洋思想の最高学府である「大東文化大学大学院」文学研究科博士課程前期課程中国学専攻を修了。中国哲学を背景とした中国医学が日本や世界においてどの様に発展したのかを探求している。世界に共通した鍼灸医学用語を用い、医療現場に共通する鍼灸治療体系を確立することが研究目的。鍼灸学士、中国学修士。現在、順天堂大学医学部医史学研究室に研究生として在籍。医学博士の学位論文を鋭意作成中。2013年(平成25年)4月明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授就任。

近代中国の鍼灸医学・医療の歴史 2

2011年02月04日

 今日は、1月29日に書いた前回の続きです。話の内容は、読んだことも聞いたこともないような内容だと思います。ごく一部の人しか知らない内容です。ゆっくり何度も読み返していただければ、理解できると思います。単発で読んでもわかるかと思いますが、1月17日から読んでいただければより深い理解が可能だと思います。

 【本文】

 一八六八年の明治時代以降、中国では大量の日本書が翻訳され、中国で発達した医学の復興を目指した多くの中国人が日本に留学している。

 日本の医学者達が、一八〇〇年代(江戸時代)以後、西洋医学と東洋医学との融合を計ろうとしていた思想と当時の研究結果が受け入れられたというのがその理由であろう。

 この方針を基軸とした運動は中国新政府を動かし、一九五四年に中国で中国の伝統医学が一三二年ぶりに国家の医療として認められた。

 一九五五年に、北京で「中医研究院」が設立され、一九五六年に北京・上海・広州・成都に「中医学院」が設立される。

 以後、全国に「中医学院」が建校され、「中医学」の高等教育化が推進される。

 一九九三年には国家の基準を満たした「上海中医学院」が「上海中医薬大学」に昇格する。

 その後、漸次「中医学院」が「大学」に昇格し、二〇〇七年現在十一校が認可を受けている。

(つづく)

平成23年2月4日(金)
 清野充典 記

(ただいま 6日に一度更新中)

  • 同じカテゴリー(近代中国の鍼灸医学・医療の歴史)の記事
     近代中国の鍼灸医学・医療の歴史 (2011-01-29 07:24)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    近代中国の鍼灸医学・医療の歴史 2
      コメント(0)